仁寿会 駅前さとるブレストクリニック|高槻市 乳腺外科(乳がん検診・乳腺専門外来・マンモグラフィ)・外科・消化器内科

お知らせ

お知らせ

お問い合わせフォームを更新しました

2021年09月02日

2021年9月1日に、当院の『ご意見箱』にメッセージを入れていただいた70歳代女性の方がおられます。

メッセージの内容は、当院の『お問い合わせフォーム』に入力していただく様なものでしたが、あいにく『お問い合わせフォーム』が使用できない状態であったため『ご意見箱』に入力されたものと思われます。ご不便をお掛けし申し訳ありませんでした。

『お問い合わせフォーム』を更新いたしましたので、再度みなさまにご利用いただけますと幸甚に存じます。

どうぞよろしくお願い致します。

ご意見箱

2021年04月08日

皆様にとってより良いクリニックに成長させるため、皆様からのご意見・ご要望を承ります。
どのようなことでも結構ですので、ぜひご投稿ください。

以下のリンクから入力をお願いいたします。

https://forms.gle/7jAkdn263mYa1dBz7

2020年度の乳腺外科の診療実績について

2021年04月07日

2020年4月より当院にて診療を開始し、おかげさまで何とか1周年を迎えることができました。

2020年4月1日から2021年3月31日までに、155件の乳腺組織検査を行いましたが、出血などの合併症は0件でした。

またそのうち、85件の新規乳癌が見つかりました。

現在の高槻市の人口から単純に計算すると、毎年約350人の方が新たに乳癌と診断されますので、その4分の1程度の件数に相当します。

今後も、年度毎の診療実績を報告させて頂きたいと思います。

当院受診に関してのメールでのお問い合わせ

2020年12月02日

乳腺に限らず、当院への受診に関してご質問があれば、以下のお問い合わせフォームからお願いいたします。

できる限り早めにお返事いたしますが、数日かかる場合もありますのでご了承ください。

https://forms.gle/W3HANw1BkJQWucPB7

いぼ痔・切れ痔などお尻のお悩みは当院にご相談ください

2020年09月18日

当院では、いぼ痔や切れ痔など、あらゆるお尻のお悩みに対しても対応しております。

例えば、出産後で痔の症状にてお困りの方に対して、排便習慣や日常生活の改善などのご相談や、症状緩和のための投薬も行います。また、より専門的な治療や外科的処置が必要な場合は速やかに連携施設へご紹介いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

なお、土曜日の女性医師による肛門の診察は対応しておりませんので、ご了承くださいますようお願いいたします。

クレジットカードによるお支払いができます

2020年08月27日

当院では、ご来院の方々からのニーズが高いことを踏まえて、2020年8月27日より診療費をクレジットカードでお支払いいただくことができるようになりました。

ただし、使用できるクレジットカードはVISA・MasterCardの2種類に限りますのでご了承くださいますようお願いいたします。

特定健診のご案内

2020年08月26日

当院では、高槻市国民健康保険加入の方は、特定健診および後期高齢者検健診を無料で受けることができます。

保険証と一緒に受診券を持参していただければ、予約なしで受けていただくことができますので、どうぞご利用ください。

 

男性の方でも乳房にお悩みがあればご相談ください

2020年07月17日

男性の方で、乳房の痛み・しこりなどの自覚症状がある方は、遠慮なさらずに当院に受診してください。

当院に来られる患者さまのほとんどは女性ですが、男性の患者さまも診察しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

受け付け時間について

2020年07月15日

当院の受付時間は診察時間終了15分前まで(午前11時45分または午後5時45分)とさせていただいております。
ですが、お仕事などで来院できるのが正午や午後6時ギリギリになるという方もおられると思います。
そういう場合には受診を遠慮なさらずに、前もってお電話ください。個別にご対応いたします。
皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

お母様やお祖母様にお伝え下さい

2020年07月02日

日常診療で、『乳がんは若い人がなる病気』と思い込んでおられるご高齢の方が多いように私は感じています。

確かに、以前は日本人の乳がん患者さんは40歳前後が最も多かったのですが、近年は60歳以上の乳がん患者さんが増加しており、今後も増加していくことが予想されます。

下に2015年のデータをお示ししますが、現在ではおそらく60歳以上の乳がん患者さんは更に多くなっている(図のピークが右上に膨らんでいる)と思います。ピンク色は私が加筆したところです。

これをご覧になる方は比較的お若い方が多いかも知れませんので、ご本人だけでなく、お母様やお祖母様にもお伝えし、乳がん検診を受けたり、乳房の異常があれば受診するようにお勧め下さい。

年齢階級別罹患率(乳がん)